FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるさとは遠くにありて想うもの

そして哀しくうたうもの・・・と詩につづったのは室生犀星です。

何の歌を歌ったのでしょう?

西の人だと懐かしく想いだすのが「とれとれぴーちぴちかに料理?♪」
だったりするのですが・・・。

お友達のブログなどは割合頻繁にのぞく方でして
そこで思い出したことがあります。

「てっちり」って全国的な言葉じゃないよね?

てっちりはふぐの鍋です。

「当たれば死ぬ」事からふぐのことを鉄砲といい、てっぽうのちり鍋で
てっちりです。
同じくてっぽうの刺身から、てっさ、ふぐの刺身をいいます。

明治21年、下関に伊東博文が来た時に、海が時化で出す魚がなく、
禁止されていたふぐを出したところ、そのうまさに禁令が解かれたというのですが、
そちらはふぐとにごらずふく鍋と呼ぶそうです。
下関に行ったときにそう聞きました。

ふぐとふくくらいなら想像もつきますが「てっちり」では
何のことかしら?な方もあったのではないかと。

うなぎも街森では釣れますが、うな重のことを「まむし」と呼ぶ人もあります。
ご飯の中にいれる「間蒸し」というわけで、けっして蛇を食べるわけではありません。
うなぎ調理の時に蒸さずにぱりっと焼き上げます。
すぐ食べる時はいいのですが、出前の時などは硬くなるということで
ご飯の間に入れたのがはじまりとか。

でもこれなどはほとんど死語ですね。
アイスコーヒーのことを冷コー(レイコー)という人が減ったように
うな重のことをまむしと呼ぶ人も減りました。

見てきたわけじゃありませんよー。
私は「風呂やの釜」な方ですから。


そのこころは「湯ばっかり」=「ゆうばっかり」=「言うばかり」

スポンサーサイト

* コメント *

ご無沙汰です~

コメントが久々になっちゃいましたが、いつも楽しく拝見してます!
色々勉強になりますね~~
関西人なので、てっちりは普通に使いますが、
そんな意味だとは知りませんでした!!
少しの間関東に住んでたんですけど、その時もよく言葉の話になって
一番笑われたのが「大丈夫」という意味の「いける」でした。
西の人間同士で「いける?」「いけるいける!」としゃべってたら
東の人には「えっどこに行くの?」みたいなことになっちゃってました。
「いけるいける」ってかなり使う言葉なんですけどねぇ。

No title

ももちゃんのブログはいつも、面白いし、勉強になるよ~e-266

うな重をまむしは知らないけど、アイスコーヒーを冷コーは、
昔、聞いたことがあるなぁ~v-391

でもさ、あの3つの選択肢だと、やっぱりてっちりを選ぶんだねv-353
うふっe-266

やっぱり、ももちゃん、だいちゅきv-415

ゆっこさんへ

ふふっ、錬金に忙しいのかと思ってました。

研修にいったときいろんな地方の人が集まると面白いですよね。
「ほうきなおしてくるわ」と私が言えば「もう投げるごみないですかー?」
と北海道の人が言い、意味不明と悩む東京の人がいたりして。
いける、とかは標準語にもありそうだから忘れて使っちゃいそう。

今日もポケモン、ゲットじゃぞ~!

まぁみんさんへ

釣れないのにどうやってレポート書くのか興味しんしん。
やっぱりアレしか選べないです。
冷コー、ちょっと前まで言ってましたよね。
今はいろんなブレンドも増えたので言わないですけど♪

コメばかり残してすみません

いやぁ、ももさんのブログ、ファンになってしまいそうです。
内容と表現がじつに興味深い!それにククッと面白い(笑)
知的ですね、ももさんって~。

私は半年前日本に里帰りした時に、父が親戚の前で「レイコー」と発したのが許せませんでした。いたかっ!まだしつこく「レイコー」というヤツが!(しかも父だぁー)

一方私はこの記事を読んで、これから「うなぎ」を「まむし」と呼んでみたくなりました(笑)

私も父も同類や・・・

Re: コメばかり残してすみません

ええ、いらっしゃいますね~。
おもに年齢の高いおっちゃん世代に。
いやー、リアルに信じてしまわれる場合がありますわよ。

日本語が堪能な外国の人に「人を食った」という慣用句で
話してたら本当に人間を食べたと思われたと言う・・・
げに難しきは慣用句、面白きも慣用句・・・

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nakayosimomo.blog66.fc2.com/tb.php/170-a8ad86d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パンダ パパンダ コパンダ *TOP* とれとれぴちぴちカニ料理?♪

プロフィール

なかよし村 もも

Author:なかよし村 もも
子供と一緒にどうぶつの森を
やってます。
子供よりも親の方がはまってます。
交配花が咲くとうきうき気分。
毎日お花の見回りが日課です。
リンクフリーです。



無料アクセス解析

kansen2.gif

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。